中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 中越関係

 2019年7月19日越米国のシンクタンク「C4ADS」と戦略国際問題研究所(CSIS)は17日、南シナ海のベトナムの排他的経済水域(EEZ)内にある石油天然ガス田周辺で、ベトナムと中国の船が数週間にわたりにらみ合いを続けているとのリポートを発表した。米公共放送ボイス・オブ・アメリカが同日伝えた。(写真はVOAのキャプチャー)

 
 C4ADSによると、中国の探査船「海洋地質8号」が南沙(スプラトリー)諸島周辺で探査活動を始めたため、ベトナムは艦船9隻を出して追跡と監視を行っている。中国側は海警局が船3隻を出し海洋地質8号を護衛している。

 CSISによると、中国の「35111号海警船」が、ベトナム船を威嚇した。ベトナム船は、日本がロシアの石油会社にリースした石油プラットフォームに物資を供給していた。

 同じ海域でスペイン企業が、ベトナム政府から探査を許可されたが、中国の圧力で2017年に活動を中断した。

 ベトナム外務省は16日「ベトナムの許可を得ず領海で行う一切の活動は、国際法違反だ」とのコメントを発表した。中国外務省の耿爽副報道局長も12日「中国は南シナ海の主権と海洋権益を断固として守る」と述べたが、具体的な説明はしなかった。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
日米印比の海軍艦艇、南シナ海で合同訓練
海自艦艇が南シナ海で対潜水艦戦訓練 中国は反発 ベトナムに寄港も
米英に続き仏軍が南シナ海に艦艇派遣 空軍の演習も計画か-仏メディア ベトナムなど支持

 2019年3月11日越ベトナム紙・トゥオイチェーは8日、同国漁船が南シナ海パラセル諸島(西沙諸島)で航行中、中国船に衝突され沈没したと報じた。中国外務省は、沈没を始めた越漁船から救助を求められたと説明している。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版が9日伝えた。(写真はVOAのキャプチャー)

 同紙によると、ベトナム政府筋は、越漁船の沈没事故は6日、パラセル諸島で操業中に起きた。乗組員5人は2時間後、別のベトナム漁船に救助された。

 中国紙・環球時報(電子版)によると、中国外務省の陸慷報道局長は7日「中国の公務船が、西沙諸島をパトロール中、ベトナム漁船の救難信号を受けた。中国海上救難センターと連絡し、乗組員5人を直ちに救出した」と述べた。

★参考情報★
ーーーーー
中国企業への99年用地リースに反発 ベトナムで数千人が反中デモ 実態は反政府活動との見方も
南シナ海での中国爆撃機訓練 ベトナムが中止を要求

2018年6月20日越 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)中国語版によると、ベトナムの約10都市で中国企業への工業用地リースに反発し、数千人規模の抗議デモが起きている。(写真はVOAのキャプチャー)

 国際人権NGOアムネスティ・インターナショナルによると、6月9、10の両日、約3000人が参加。17日にはさらに数千人が加わった。これまでに約150人が拘束され、一部は警察官に殴られたという。

 デモのきっかけは、ベトナムの国会がこのほど、国内3カ所の経済特別区について、外国投資家への99年間の用地リースを認める法案を可決したのがきっかけ。また、警察にインターネット上の言論監視を認める法案を可決したことへの反発も、デモの原因となっている。

 ホーチミン社会科学・人文科学大のチュン・グエン教授は「政府と立法機関に対する不信が、抗議活動の深い原因だ」と話している。

 2018年5月10日南米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)の9日の報道によると、ベトナム外務省は8日、中国に南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島に配備したミサイルを撤去するよう求める声明を発表した。声明は、中国によるミサイル配備が地域の平和を脅かすものと主張するとともに、同諸島の領有権がベトナムにあることを重ねて強調した。

 中国紙・環球時報によると、中国外交部の耿爽副報道局長は9日、記者会見で、南沙諸島と周辺海域の主権は議論の余地なく中国に属し、平和的な開発活動の中で防御施設の設置は当然の権利だとコメントした。

 越外務省の声明は、中国が同諸島にミサイルを配備したとの米メディアの報道後に出された。米CNBCテレビは先に、中国が永暑礁(ファイアリー・クロス礁)と美済礁(ミスチーフ礁)に対艦巡航ミサイルと長距離対空ミサイルを配備したと報じた。

 米シンクタンク、ランド研究所のグロスマン研究員は「南沙諸島へのミサイル配備は、南シナ海の軍事拠点化の始まりだ。平和的とも防御的とも言えない」と話している。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーー


 南シナ海の領土紛争で悪化していた中越関係は、ベトナムが南シナ海での石油・天然ガス採掘計画を停止したことから改善し始め、今年6月にいったん中止した中越軍のハイレベル協議が23、24日の両日、両国国境に近い雲南省金平県とベトナム・ライチャウ省ライチャウ市で相次いで行われた。台湾中央社が24日伝えた。

 中国側からは制服組トップの中国共産党中央軍事委員会の范長龍副主席、ベトナム側からはゴ・スアン・リック国防相が出席した。

 范副主席は中越関係について「戦略的な意義を持つ運命共同体だ」などと述べ、両軍の協力強化を呼び掛けた。リック国防相も「先輩指導者らが育んだ友好を受け継ぎ、政治的な相互信頼を高めたい」などと応じた。

 両軍のハイレベル協議は今年6月開催予定だったが、范副主席が訪越を中止した。米紙ニューヨーク・タイムズは、南シナ海の石油・天然ガスの争いが関係していると報じた。8月には王毅・中国外相が、東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議の際予定されていたファム・ビン・ミン越外相との会談を取り消した。

 ベトナムがその後、石油・天然ガス採掘を中止したことをきっかけに関係が好転。9月に中国共産党政治局常務委員の劉雲山氏がベトナムを訪問し、最高指導者のグエン・フー・チョン共産党書記長と会談した。

↑このページのトップヘ