中国安全情報局

中国(香港、台湾)の治安、災害、衛生情報を随時発信

カテゴリ: 中露関係

 2019年6月7日露習近平・中国国家主席が5日、3日間の予定でロシア訪問を始め、初日からプーチン大統領と個人的な親密さを演出した。両国とも、貿易紛争や経済制裁で対立する米国に対抗する狙いがあるとみられる。ただ、友好と反米は見せかけとの見方も出ている。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)6日伝えた。

 習主席は5日、モスクワに到着後、中国がパンダを貸し出したモスクワ動物園をプーチン大統領とともに訪問。また、中国の自動車メーカー、長城汽車がモスクワ近郊のトゥーラ州に建設した工場を共に視察した。さらに、ボリショイ劇場で行われた中ロ国交樹立70周年の記念活動にも望んだ。

 ロシアの軍事・政治専門家であるミハイル・アレクサンドロフ氏は「ロシア、中国とも米国の圧力に直面しており、互いの力を借りて対抗したがっている」と指摘。一方で「中国は米国市場から離れられない。ロシアは、米国に制裁を解除してもらいたい。両国とも表面上、友好と反米を見せているだけ」と述べた。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
プーチン大統領、中国との高速鉄道共同建設に反対か
ロシアから戦闘機とミサイル購入 米政府が中国軍事委と責任者制裁
ロシアが過去最大の演習 中国軍も参加、米制裁で緊密化

2019年4月10 日普 中ロ両国が共同事業として計画中のモスクワ-カザン高速鉄道について、長年未着手のまま延期されているのは、ロシアのプーチン大統領が反対しているためだとの見方を7日、ロシアのニュースメディアが報じた。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が9日伝えた。

 同高速鉄道は、中国政府が中ロ協力のモデル事業と宣伝。プーチン大統領の訪中や中国要人の訪ロの際はいつも、関連の覚書などを交わしている。同高速鉄道はモスクワとロシア・タタールスタンの首都カザン間に建設され、将来の北京-モスクワ高速鉄道の一部。「新シルクロード」とも呼ばれる。

 ロシア紙コメルサントは、消息筋の話として、同高速鉄道が既にプーチン大統領が拒絶しており、建設されることは永遠にないと報じた。巨額のコストなどが問題視された可能性がある。


★参考情報★
ーーーーーーーー
ロシアから戦闘機とミサイル購入 米政府が中国軍事委と責任者制裁
ロシアが過去最大の演習 中国軍も参加、米制裁で緊密化

 ロシア軍はきょう11日から、兵士30万人が参加してシベリアと極東で過去最大規模の演習「ボストーク(東方)2018」を行う。中国とモンゴルの部隊も参加する。専門家からは、米国の中ロへの制裁が両国の関係を緊密化させているとの指摘が出ている。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が10日伝えた。

 AFP通信によると、ロシアの専門家は、中国軍からは参加3200人が参加すると述べた。米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、ロシアの別の専門家は「中国軍の招待は、ロシアが中国をライバルや脅威とみなしていないことを示す強いシグナルだ」と語った。米国がロシアへの制裁を続ければ「米国にとり21世紀最大のライバルである中国を、ロシアがさらに抱き込むことになる」との警告を米政府に発する意味があるという。

 AP通信によると、米国の政策の影響で、中ロが最近接近している。中国はロシアに経済制裁、中国に対しては貿易戦争を仕掛けるとともに、北朝鮮の核問題で圧力をかけている。
 中国の習近平国家主席は、9月11~13日に極東ウラジオストクで開かれる国際会議「東方経済フォーラム」に出席し、ロシアのプーチン大統領と会談する。

 11日付中国紙・環球時報によると、中国国防部は、中露両軍が11日~16日の予定で、ミサイル迎撃を想定したコンピューター図上訓練を北京で始めたと発表した。中ロ両軍は、第三国を意識した訓練ではないと説明しているが、韓国に地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)を配備した米軍へのけん制とみられる。台湾中央社が11日伝えた。

 中露両軍によるミサイル迎撃コンピューター図上訓練は2回目。前回は2016年5月にロシア国防省の研究所内で行われた。

 環球時報は、米国が韓国へTHAADを配備し、中国を含む北東アジアへの脅威が増す中、中露両軍がどのようにミサイル迎撃訓練を行ったか海外からの注目が集まっていると報じた。

 ロシア人の14歳の女性モデルブラーダ・デューバさんがこのほど上海で急死し、ロシア連邦捜査委員会が刑事事件として捜査を始めた。女性モデルは過労をきっかけとした脳膜炎で死亡したとみられている。香港のニュースメディア、東網などが31日伝えた。

 同委員会の担当官は、過失致死の疑いで刑事事件として捜査を進めていると述べた。 

 在上海のロシア総領事館は、女性モデルの死因は敗血症による多臓器不全とみられるが、司法解剖の結果を待ち改めて公表するとしている。

 デューバさんは上海のモデル・プロダクション上海英模文化発展(Esee)に所属していた。25日に倒れ病院に運ばれたが27日死亡した。

 上海英模文化発展は、デューバさんに哀悼の意を示す一方、「仕事量が多すぎた」、「奴隷的な契約が結ばれていた」などの一部のメディアの報道内容を否定した。

 同社によると、デューバさんの仕事時間はほぼ8時間以内だった。24日深夜に吐き気とめまいを訴えたため、翌日の仕事を中止した。しかし、仕事先の浙江省義烏市から上海に戻った後、再び体の不調を訴えた。

 デューバさんの母親は、娘が毎日12時間も働かされ、上海で働いていた2カ月間、医療保険に加入させてもらえなかったと訴えている。

↑このページのトップヘ