2018年5月17日霧遼寧省大連市全域が15日から濃霧に覆われ、大連周子水国際空港では翌16日午前7時までに193便が欠航し、2万人超が影響を受けた。中国新聞網が16日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)


 同空港は15日午前8時から濃霧で視界が1キロ以下となり、航空機の発着基準を満たせなくなり、16日も同様の状態が続いた。

 同空港の案内所と航空各社のカウンターは係員を増やし、説明や航空券の払い戻しなどの作業に追われた。出発待ちの客に飲食物約1000点を提供したほか、約1万人にホテルを用意したりしたため、空港内の混乱は起きなかった。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー