中国外交部は11日、海軍のミサイル駆逐艦チェイフィが、南シナ海西沙諸島(パラセル諸島)の中国が主張する「領海」内を航行したとして、米国に抗議したことを明らかにした。トランプ米大統領の11月訪中を前に、南シナ海で米中の相互のけん制が激しさを増している。香港のニュースサイト、東網が伝えた。 

 外交部によると、チェイフィは10日、西沙諸島周辺で「航行の自由作戦」を実施。中国側は、ミサイル護衛艦、戦闘機、ヘリコプターを出動させて同諸島周辺海域から離れるよう警告した。同部の華春瑩報道官は「米艦の行動は中国の法律と国際法に違反し、中国の主権を損なう」と述べ反発した。