新疆ウイグル自治区昌吉自治州でメッカへのハッジ(大巡礼)のため出国したイスラム教徒のウイグル族の住民約300人が帰国後当局に拘束されたことが分かった。海外ウイグル人組織の世界ウイグル会議は、中国当局が最近宗教への圧迫を強めており、一部地区で衝突が起きる可能性があると指摘した。香港星島日報が伝えた。

 同自治区の人権派弁護士によると、当局は宗教活動の規制を強めている。中国共産党新疆ウイグル自治区政法委員会はこのほど、家庭内での非公式な宗教集会を違法行為として処罰するよう自治区内の裁判所に通達した。

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、米国の独立組織「国際宗教自由委員会」は5日、このほど終了したイスラム教の断食月(ラマダン)期間中、中国当局がウイグル人の宗教活動を規制したとして非難する声明を発表した。

 同委員会によると、中国当局はラマダン期間中、各家庭にまで係官を派遣し信仰に関連する活動を規制した。