22021年3月5日南ニュースサイトの澎湃新聞などによると、江蘇省南京市の南京地下鉄1号線の邁皋橋駅で4日午前5時11分ごろ、設備点検用の列車が脱線してプラットフォームに衝突した。けが人はなかった。同線は一部区間が運休し、通勤通学客多数が影響を受けた。

 地下鉄会社の南京地鉄集団によると、脱線は設備の故障が原因。同線は、運休区間以外でも徐行運転や間引き運転を行った。ラッシュアワーにぶつかり、通勤通学客は、地下鉄会社が手配した振替輸送のバスなどを利用した。同線は同日11時までに通常運転に戻った。

 空中撮影の写真によると、先頭車両がプラットフォームに乗り上げ、後ろの車両も完全に脱線した。
 南京地下鉄1号線は、2005年9月に開通。南京市中心部を南北に縦断し一部が高架線。全長38.9キロで計27駅。今回事故が起きた邁皋橋駅を含め11カ所が高架駅となっている。

 中国の地下鉄では19年1月にも、重慶市の「軌道交通環線」で走行中の電車が軌道内にはみでた防空シェルターのドアに衝突する事故が発生。作業員1人が死亡、乗客を含む3人がけがした。

★参考情報★
ーーーーーーーー