22021年1月21日尖中国船の沖縄県・尖閣諸島周辺への領海侵入が繰り返される中、日中両国が20日、高級事務レベルの話し合いをテレビ会議方式で行った。日本側は、中国海警船が尖閣諸島周辺の領海などに侵入を繰り返していることに、厳しく抗議したという。香港メディアの東網が21日伝えた。

 会議には、外務省の船越健裕アジア大洋州局長、中国外務省の洪亮・辺境海洋事務司長らが出席。船越局長は、中国海警船が1月中旬、尖閣諸島周辺の領海などに多数回侵入、日本漁船に接近したことについて、中国側に対応を求めた。洪司長は、尖閣諸島(中国名、釣魚島)問題に関する中国側の原則的な立場を改めて説明した。

 双方はまた、意思疎通を継続する重要性を確認し、海洋分野の実質的な協力の推進で一致した。
首相、尖閣で王外相に懸念 中国は公船限定を提案
中国が海警法草案 領海侵入の外国船に武器使用許可