22021年1月14日倒 浙江省応急管理庁によると、11日午前8時ごろ、浙江省湖州市徳清県の化粧品メーカー、納奇科化粧品で工場建屋の一部が崩落し、作業中の従業員25人が転落した。12日までに、1人が死亡、14人が重軽傷を負ったことが確認された。ニュースサイトの中国新聞網が13日伝えた。(写真は東網より)

 浙江省安全管理委員会によると、事故が起きたのは建屋2棟を結ぶ渡り廊下で地上8メートル。従業員は渡り廊下で朝会中、事故に巻き込まれた。同委員会などが崩落の原因を調べている。

 納奇科化粧品は2017年発足の新興企業。資本金1億元(約16億円)。企業規模が大きく、工場建屋も比較的新しいため、事故発生に驚きが広がっている。

 中国では建物の崩落事故がしばしば発生。昨年10月には、四川省隆昌市で農家経営のレストランが崩落して食事客ら26人が重軽傷を負った。8月には、山西省臨汾市襄汾県のレストランで屋根が崩れ落ち、宴会客が生き埋めになり、29人が死亡、28人が重軽傷を負う惨事が起きた。


★参考情報★
ーーーーーー
4階建て倉庫が崩落 作業員7人不明 黒竜江