中国北京市衛生健康委員会は27日、前日の26日、新型コロナウイルスに市内で感染した新規患者6人と無症状感染者1人、海外で感染した新規患者3人を確認したと発表した。市内感染の患者は、いずれも同市順義区で見つかっており、市民約80万人を対象にPCR検査を始めた。

 北京市政府は27日、記者会見で、市内で新規患者が散発的に確認され状況が深刻化しているとして、市内各区に緊急事態として対応するよう求めた。北北京市朝陽区では、PCR検査で陰性の判定を得ていない住民の区外への外出を禁じた。

 北京市では朝陽区の1カ所、順義区の2カ所が、新型コロナの感染リスク等級で「中」に指定されている。

 北京市政府はすべての公務員に対し、新年の1月1日から2月12日の春節(旧正月)まで、北京市にとどまるよう求めた。北京市疾病対策予防センターも市民に、この間、北京にとどまるよう呼びかけた。

 北京では、娯楽場など多数が集まる施設が営業時間を短縮した。カトリック教会の一部も参観者の受け入れを停止している。1月1日から2月12日まで、商業的な興行はすべて禁止された。


※出典

http://wjw.beijing.gov.cn/xwzx_20031/wnxw/202012/t20201227_2186861.html 
http://wjw.beijing.gov.cn/xwzx_20031/xwfb/202012/t20201227_2186786.html 
http://wjw.beijing.gov.cn/xwzx_20031/wnxw/202012/t20201227_2186862.html 
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1687219780765373881&wfr=spider&for=pc

★参考情報★
ーーーーーーーー
低温物流食品の追跡システム、中国大連市が運用開始
輸入冷凍食品からコロナ検出頻発と中国 海外は疑問視、反発も