米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、冬に入り中国各地で新型コロナウイルスの新規患者が増えている。上海、天津、内モンゴルなどで地元で感染した患者が相次ぎ確認された。

 上海では22日、上海浦東国際空港で、約2人に対しPCR検査が行われ、貨物を取り扱う従業員1人が陽性と確認された。同空港で9日以降に見つかった感染者は9人目となる。

 天津では8日以降、新型コロナの新規患者8人が確認された。うち1人、大学が集まる「大学城」近くに住んでおり、学生に動揺が広がった。内モンゴル自治区満洲里市でも新規患者2人が見つかり、市民に対しPCR検査が一斉に行われている。

 国家衛生健康委員会によると、25日午前0時現在、全土で治療中の新型コロナ肺炎患者は305人で、うち重症者は6人。累計患者数は8万6469人で、死者は4634人となっている。


★参考情報★
ーーーーーー
中国天津で新型コロナ患者1人と無症状者2人確認
中国の安徽、上海、天津で新型コロナ感染者 冷食からウイルス検出