22020年11月24日米 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、消息筋は、米海軍のマイケル・スチュードマン少将が22日、台湾を非公式訪問したことを明らかにした。近年台湾を訪れた米軍事の中で最高位となる。(写真は東網のキャプチャー)

 香港メディア東網によると、少将の一行は8~10人で24日まで滞在の見通し。米国在台協会(AIT)の係官が同行、米国と台湾の情報機関を視察し、情報を交換するとみられる。米情報部門は同時に、フィリピンとシンガポールにも係官を派遣した。

 中国外務省の趙立堅副報道局長は23日、記者会見で「いかなる形式であれ、米台の政府と軍事面での交流に断固反対する」と述べ反発した。

 スチュードマン少将は、米アジア太平洋軍情報部門「J2」のトップ。台湾の報道によると、少将は米軍のC37で21日、台北の松山空港に到着したもよう。台湾外務省は22日、米高官の来訪は認めたが、詳細は明らかにしなかった。

★参考情報★
ーーーーーーー
米台が今月経済対話 9月訪台の国務次官が台湾経済次官と会談へ