22020年10月23日震 香港メディアの東網によると、四川省綿陽市の北川県で23日早朝、マグニチュード(M)2.8~3のの地震が3件起きた。同県では21と22日にもM4.6~4.7の地震が起きたばかり。けが人や被害の情報はない。専門家は、いずれも震源地が近接しており、2008年の四川大地震の余震とみている。(写真は百度のキャプチャー)

 ニュースサイトの新京報によると、21、22両日の地震の際は、成都や広元、徳陽、資陽などの各市でも揺れを感じた。電力や交通、通信の施設は正常に運用されている。

 専門家によると、両日の地震の震源地は1キロ以内で、2つの断層が交差する地点。2010年から、四川大地震の余震地区では2010年以降、M4.5クラスの地震が頻発する地点が7カ所確認されている。

 北川県は、四川大地震で壊滅的な被害を受け、犠牲者が最も多かった県の1つ。県都の一部は、震災の悲劇を伝える記念として保存されている。

 四川省では地震が頻発しており、今年2月には四川省成都市青白江区でM5.1の地震が発生。けが人はなかったが、住民約220人が避難した。昨年12月には、同省内江市でM5.2の地震があり、家屋の損壊などで18人がけがした。

★参考情報★
ーーーーーー
四川・内江でM5.2地震 18人重軽傷、2464人被災
四川・綿陽でМ4.6地震 徳陽、成都でも揺れ