2020年9月17日台 香港メディアの東網によると、中国の対台湾政策を管轄する国務院台湾事務弁公室(国台弁)は16日、数カ月ぶりに記者会見し、馬暁光報道官は、中国軍が最近、台湾海峡で演習を繰り返していることについて「台湾海峡の安定と国家の主権維持のため、必要な措置だ」と述べた。

 報道官はさらに「民進党政権は、西側の反中勢力と一緒に中台の対立をあおっている。台湾独立を図り、台湾海峡の平和と安定をを残っている」と批判し、演習が政治的な目的であることを示唆した。



★参考情報★
ーーーーーー
台湾付近で米軍機、中国軍機入り乱れる
中国空母艦隊、第一列島線を通過 米軍が監視継続