2020年9月14日珠
 ニュースサイトの北晩新視覚網などによると、広東省珠海市斗門区のホテル「騰湖大酒店」隣の6階建てビル1階商店で11日午前9時ごろ、爆発があり、その後多数カ所で火の手が上がった。消防などが急行して消火と救助にあたり、午前10時ごろに鎮火した。当局によると、3人が重軽傷を負った。(写真は百度のキャプチャー)

 警察や消防などが原因を調査中。報道によると、1階商店で販売中の電動バイクが爆発し、続いて近隣のレストランや電動バイク修理店でガス爆発が起きた。

 目撃者によると、付近の店舗十数店でガラスが割れるなどの被害が起きた。現場近くに、子ども向けの芸術クラスがあるが、事故当時授業は行われていなかった。

 博訊新聞網によると、ネット上では、近くの医療機関の救急車の出動記録から、けが人が255人に上るとの情報が流れた。この医療機関はまもなく、情報の入力ミスだと釈明した。

 中国では、電動バイクが火元となる火災が頻発している。2018年8月には、河南省鄭州市管城区で、アパート1階に停車中の電動バイクから出火。住民3人が死亡、4人がけがした。

★参考情報★
ーーーーーーーー
アパートの電動バイク発火 階上に延焼し住人3人死亡 4人けが
マンション1階の電動バイク店が全焼 店主ら5人死亡 上海