2020年7月30日大ニュースメディアの中国新聞網によると、遼寧省大連市教育局の趙陽局長は30日、記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、市内の全幼稚園1322カ所を一時休園にすると発表した。大連市では22日、新型コロナの新規患者が見つかり、23日から患者が出た甘井子区大連湾街道地区などの幼稚園38カ所を休みにしていた。(写真は大連新聞網のキャプチャー)

 大連市衛生健康委員会の30日の発表によると、29日の1日に確認された新型コロナの新規患者は5人。患者の累計は57人となり、うち30人が同市甘井子区の水産品加工会社、大連凱洋世界海鮮の従業員、9人がその濃厚接触者、9人が大連湾街道地区の住民が9人となっている。

 なお北京市衛生健康委員会の30日の発表によると、同市で29日、大連市の感染拡大と関連のある新規患者1人が見つかった。北京では大連関連の患者は計3人となる。大連市の感染は北京や福建など5省・直轄市に拡散している。 

 大連市での新型コロナの感染拡大を受け、国務院(中央政府)の孫春蘭副首相が27、28の両日、同市を視察。感染拡大を抑え込むよう指示した。

★参考情報★
ーーーーーー
新疆で新型コロナ新規患者57人 大連でも6人
遼寧・大連で新型コロナ集団感染 水産品加工会社の従業員に