2020年7月8日安
 新華社通信によると、貴州省安順市西秀区で7日正午、路線バスが走行中に道路脇のフェンスを突き破り「虹山湖ダム」に転落した。同日午後5時半現在、36人が救出されたが21人が死亡、15人がけがした。死者には、7日中国全土で始まった統一大学入試の受験生もいた。警察などが事故原因を調べている。(写真は新浪網のキャプチャー)

 ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、路線バスはダム付近の道路を走行中、突然向きを変えてフェンスに突っ込み、そのまま水中に落ちた。ネット上ではバスのドライブレコーダーの映像から、運転手が故意にバスを転落させたとの指摘も出ているが、詳しいことは分かっていない。

 貴州省消防救援総隊が消防車19台、ゴムボート21隻、潜水員17人を含む隊員97人を出動させ救助活動を行った。バスは午後3時に引き上げられた。

 目撃者によると、乗客のほとんどは生徒で、制服姿の中学生や普段着の小学生、大学受験生らが含まれていた。

 中国では2018年10月末、重慶市で路線バスが長江をまたぐ橋を走行中、運転手が女性乗客から暴行を受けたことが原因で、水中に転落し、乗客と運転手15人死亡・行方不明となる事故が起きた。

★参考情報★
ーーーーーー
路線バスの運転席隔離へ 乗客と運転手けんかバス転落 交通運輸部が新規則