2020年6月30日安 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会が30日午前「香港特別行政区国家安全維持法」(港区国安法)を同委員162人全員の賛成で可決し閉幕した。(写真はRFAのキャプチャー)

 同法は、「国家の分裂」、「国家と政権の転覆」、「テロ活動」、「海外勢力と結託し国家の安全に危害を加えること」の4つを犯罪と定めた。

 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、民主派団体、香港衆志の黄之鋒秘書長は28日、フェイスブックで、港区国安法が可決後、自身と香港有力紙、蘋果日報で知られるメディア会社「壱伝媒」創業者の黎智英氏ら民主派の主要メンバーが7月1日に逮捕されるのと見通しを示した。

  中国紙・環球時報は30日、同法の成立は「香港の安定と発展に向け、新しい時代の1ページを開くもの」と指摘。「香港社会が早期の施行を心待ちにしている」と報じた。同法の施行により、香港の混乱を図る米国などの「黒い手」が断ち切られ、「香港の暴徒」も沈静化するとの見方を示した。

★参考情報★
ーーーーーーー
香港国家安全法と国歌法に反対デモ 300人余り拘束
香港警察が民主派14人を拘束 米大統領が批判