2020年6月2日印米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、カシミール地方の実効支配線周辺で中国、インド両軍がにらみ合いを続けている問題で、中国軍兵士1人が複数のインド軍兵士に殴られる映像が5月31日ツイッター上に流れた。(写真は東網のキャプチャー)

 映像には、複数のインド軍兵士がパンゴン湖周辺の路上で、中国軍の車両を叩いたり、罵声を浴びせるもようのほか、迷彩服姿の中国軍兵士が地面に倒れ、殴る蹴るの暴行を受ける様子が映っている。映像によると、中国軍兵士はけがし、インド軍兵士に連れ去られた。

 米紙ニューヨーク・タイムズの5月31日の報道によると、中印両軍兵士は発砲はしていないが、石や棒、素手で殴り合い、インド軍兵士数人がけがしてヘリコプターで運ばれた。中国側にもけが人が出ているという。

★参考情報★
ーーーーーーー
中印国境紛争で米国務省高官、現状変更と中国批判
中印国境で両軍兵士150人乱闘 11人けが