2020年5月28日港 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、香港立法会(議会)で中国国歌法を香港で施行するための「国歌条例草案」の審議、北京で開幕中の全国人民代表大会(全人代=国会)では、治安法制である香港国家安全法(国安法)案の審議がそれぞれ行われる中、香港では27日、立法会周辺などで両法案への反対集会が行われた。拘束者について、香港警察は300人余りと発表したが、民主派は656人に上るとした。(写真はRFAのキャプチャー)

 2つの法案が可決されるのは確実だが、香港では市民1万人以上が、警察に拘束される危険を冒してデモを行った。警察は、政府本部と立法会周辺をフェンスで囲ったほか、中環(セントラル)や銅鑼湾(コーズウェイベイ)、旺角(モンコック)に多数の機動隊員を配置し警備にあたった。


★参考情報★
ーーーーーーー
香港治安法制に反対デモ 催涙弾で鎮圧、100人拘束 
全人代が香港治安法制を審議、直接施行へ=米が反発