新疆ウイグル自治区は6日、断食月(ラマダン)に入り、海外ウイグル人組織の世界ウイグル会議のスポークスパーソン、ディルシャット・ラシット氏は同日、現地でイスラム礼拝所(モスク)への監視が強化されていると述べた。同日までにウイグル人17人が拘束されたという。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が6日伝えた。

 同区ウルムチ市の当局は▽常駐の治安要員による24時間の監視受け入れ▽モスクに出入りする信者の身分確認▽ラマダン期間中に読む経文の事前審査――を各モスクに求めた。

 自治区政府はさらに、共産党員、幹部、公務員、学生に対し、ラマダン中の宗教活動参加を禁じることを通達した。違反者は解雇などの処罰を受ける。

 同氏によると、同自治区のカシュガル、アスクの両地区では3日、モスク外で通行人にラマダンの内容を紹介したとしてウイグル人17人が拘束された。

 中国本土のイスラム教徒約2000万人のうち、1300万人が同自治区の住んでいる。



(参考)http://www.rfa.org/mandarin/Xinwen/6-06062016114417.html