2020年3月27日拘 ニュースサイト環球網によると、中国外務省の耿爽副報道局長は26日の定例記者会見で、北海道教育大の袁克勤教授がスパイ容疑で、国家安全省の取り調べを受けたことを明らかにした。袁教授は、容疑を認めているという。(写真は博訊新聞網のキャプチャー)

 耿副報道局長によると、袁教授は検察に送られ起訴に向け調べを受けている。同日の会見でNHKの記者が、袁教授が昨年中国に入国後、行方不明になっており、拘束された懸念があるとして状況を質問した。

 博訊新聞網によると、袁教授は65歳で吉林省出身。昨年5月、親類の葬儀のため中国の帰国後、連絡が途絶えた。7月に本人から「身体の不調で静養中」との連絡があったが、その後、音信不通となっていた。


★参考情報★
ーーーーーー
50代日本人男性、湖南省で拘束 容疑など不明
伊藤忠勤務の男性に懲役3年 昨年2月に広州で拘束
拘束の北大教授、釈放され帰国 国家機密収集の疑いで取り調べ