2020年3月27日外ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、中国外務省は26日、発給済みの査証(ビザ)や居留許可証を持つ外国人の入国を28日午前0時から停止すると発表した。新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大しているためという。 (写真はRFIのキャプチャー)

 同省の発表では、ビジネスや研究活動で人道上の理由で外国人が中国に入る必要がある場合、各国の中国大使館や総領事館にビザの発行を申請できる。また、今回の発表後に発行されたビザは、入国停止の対象にならない。

 同省は、今回の措置は諸外国の例を参考に、やむを得ず実施する臨時の措置だとしている。また、新型コロナウイルスの感染の状況に基づいて、今後措置を見直すことがあるとした。

 また、中国民用航空局は26日、航空国際便の運航について通知し、中国の航空各社は1社ごとに1国家あたり週1便、外国の航空各社は中国線を1社あたり週1便に制限することを命じた。


★参考情報★
ーーーーーーーーー