2020年1月20日孟米公共放送ボイス・オブ・アメリカによると、米国への華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長(47)の身柄引き渡しをめぐる裁判が20日、カナダ・バンクーバーの裁判所で始まった。(写真はRFIのキャプチャー)

 中国外務省の耿爽副報道局長は20日「米国とカナダは、犯罪者引き渡し条約を乱用している。これは完全な政治的事件だ」として、孟副会長の釈放を求めた。

 カナダの警察は2018年12月、米国の要請に基づいて、ファーウェイの創業者、任正非氏の娘の孟副会長を拘束した。米当局は、ファーウェイが香港のダミー会社を使いイランに設備を販売し、米国の対イラン制裁に違反したと主張。また、孟副会長がイランとの取引で、英金融大手HSBCホールディングスに対し、事実を隠すなどの金融詐欺を行ったとして、身柄の引き渡しを求めている。

 孟被告側は裁判で、米国の主張を否定し、身柄引き渡しが政治事件であり、司法の対象でないと主張した。

 ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、孟副会長の拘束後、中国とカナダの外交上の緊張が高まっている。孟副会長の逮捕から10日後、中国当局はカナダの元外交官とビジネスマンを拘束した。孟副会長は保釈され、バンクーバーの自宅で暮らしているが、カナダ人2人は拘束されたまま。カナダ政府によると、2人は24時間、照明が消えない独房に入れられ、弁護士とも接見できない。西側諸国は、カナダに対する報復とみているが、中国は孟副会長の事件とは無関係と主張している。

★参考情報★
ーーーーーーー