2020年1月20日医 ニュースサイトの上游新聞によると、20日午後2ごろ、北京市朝陽区の北京朝陽医院の外来棟で、男が包丁で医師に切りつけ逃走したと110番通報があった。警察官が駆けつけ病院の警備員と協力し、男(36)を取り押さえた。(写真は星島日報のキャプチャー)

 居合わせた病院関係者3人と居合わせた市民1人がけがし、手当を受けている。いずれも命に別状はないが、眼科の40代の医師が重傷を負った。警察が動機などについて男を追及している。また、北京市衛生健康委員会、北京市病院管理センターなどが調査を始めた。

 16日には、北京民航総医院の医師を殺害し殺人罪に問われた孫文斌被告(55)に、北京市第三中級法院(裁判所)が死刑判決を言い渡したばかりだった。

 中国では医師に対する殺傷事件がしばしば発生。16年7月には広東省恵州市で、泌尿器科の専門病院に刃物男が侵入。看護婦1人が死亡、患者4人がけがした。同年5月には同省広州市で広東省人民病院の口腔科の主任医師が、病院内の宿舎で元患者の男に刃物で刺され死亡した。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
広東・恵州の病院に刃物男、看護師1人死亡4人けが