2020年1月13日瓦 ニュースサイトの中国新聞網などによると、青海省西寧市城中区のバス停前で13日午後5時36分ごろ、路面が突然陥没して大きな穴が空き、停車中の17号の路線バスが転落した。乗客10人が行方不明となったほか、13人がけがして病院に運ばれた。当局が10人の捜索を進めている。(写真は東網のキャプチャー)

 香港メディア東網によると、バスは先頭部分が穴に転落した。事故当時、乗り降り中だった乗客多数が、バスとともに穴に落ちた。周辺の市民がロープで穴に落ちた乗客を助け出そうと手を貸したほか、バスに閉じ込められた客がガラス窓から脱出するなどした。また、車両が地中のガス管を破ったためガスが漏れ、一時火の手が上がった。

 道路の陥没により、ガスや水道の供給管と送電ケーブルなどが破断した。送電会社の国網西寧供電公司によると、一時2850世帯が停電した。その後、送電は順次回復したが、午後7時50分現在でも959世帯で停電が続いた。

 中国では道路の陥没事故が頻発している。12月には広東省広州市の地下鉄工事現場で地面が崩れ3人が死亡した。江蘇省蘇州市の観光地でも今月4日、街路が陥没して商店多数が移転した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
アモイ中心部で道路陥没 車2台転落もけが人情報なし
地下鉄工事現場で路面陥没=車両転落、3人不明ー広州