2019年12月13日陥福建省アモイ市中心部の幹線道路、呂セキ(雁だれに昔)路と嘉禾路の交差点で12日午後9時52分ごろ、道路面が約500平方メートルにわたり5~6メートル陥没した。通行中の乗用車2台が転落したが、けが人の情報はない。消防、警察などが急行して避難の誘導などを行った。ニュースサイトの新浪網が13日伝えた。  

 現場は、地下鉄2号線の呂セキ駅周辺。駅の隣接地では、ビルの建設工事が行われていた。水道管が破裂して周辺道路が冠水し、駅構内に大量の水が流れ込んだ。周辺住民は避難。道路は通行止めになっている。当局が事故原因を調べている。

 現場周辺を通行中だったタクシーの運転手は「走っていると、前の地面が突然消えた。慌ててブレーキを踏んだ」と話している。タクシーは穴に落ちかけたが止まった。乗客がいたが、運転手が引きずり出し無事だった。

 消防隊員によると、転落した乗用車2台の運転手は、自力で脱出した。目撃者は「陥没後、車2台が落ちていった。運転手は、安全ベルトを自分で外し、はい上がってきた」と話している。

 中国で道路の陥没事故がしばしば発生。1日には、広東省広州市中心部の広州地下鉄11号線「沙河駅」の工事現場付近で道路が陥没し、道路清掃車と電動バイクが転落、3人が行方不明になっている。


★参考情報★
ーーーーーーー
地下鉄工事現場で路面陥没=車両転落、3人不明ー広州
高層住宅が傾斜し住民避難 軟弱地盤が沈下 深セン
杭州の地下鉄工事現場で路面陥没 建物傾斜、ガス漏れも