2019年12月12日巴 ニュースサイトの新京報網によると、内モンゴル自治区通遼市・ホルチン左翼後旗の高速道路G2511号線で11日午前10時5分ごろ、大型バスが横転した。乗っていた乗客51人と乗員2人の計53人が重軽傷を負った。(写真は東網のキャプチャー)

 ホルチン左翼後旗政府が、緊急態勢を発動して救助活動を行うとともに、事故原因の調査を始めた。けが人のうち2人は重傷。地元と通遼市内の2つの病院に運ばれた。

 バスは遼寧省撫順市の旅行会社、森達旅游有限公司がチャーターし、同自治区のホルチン右翼中旗に向かっていた。乗客は遼寧、山東、河南などの各省の出身者で、60歳以上の高齢者が20人を占めた。

 中国で多数の死傷者が出るバスの事故が続いている。11月には、広東省広州市の広清高速道路の獅嶺路区間で、大型バスがトラックに追突し、バスの運転手が死亡、乗客の学生4人とトラックの運転手がけがした。9月末には、江蘇省宜興市の長春-深セン高速道路で、大型バスが中央分離帯を突っ切って対向車線に進入。走って来たトラックと正面衝突し、双方の36人が死亡、36人が重軽傷を負った。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
大雪でバス横転、1人死亡 転倒骨折の歩行者も10人 ハルビン
学生満載のバスがトラックに追突 1人死亡5人負傷 広東
大型バスがトラックと正面衝突 36人死亡26人重軽傷 江蘇