2019年12月10日加え 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、中国外務省の華春瑩報道官は10日、カナダの元外交官、マイケル・コブリグとカナダ人の朝鮮問題専門家、マイケル・スパバ氏の両氏について、検察に送致済みで、法に基づき取り調べと公判が行われると発表した。(写真は東網のキャプチャー)

 VOAによると、カナダ人2人は1年間拘束されており、中国当局はあいまいな「国家の安全に危害を与えた罪」でまもなく起訴し裁判を行う方針。カナダ当局に圧力をかけ、昨年末、拘束した華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長を釈放させるためと、広く受け止められている。

 AP通信によると、この手の公判は非公開で行われ、被告は基本的に有罪となる。カナダは、米国の要請で孟副会長を拘束した。米国は孟副会長を金融詐欺などで起訴するため、カナダに引き渡すよう希望している。

 中国はカナダ人2人を拘束したほか、別のカナダ人1人に死刑判決を言い渡した。また、カナダ産の菜種の輸入を停止した。中国とカナダの関係は、過去30年間で最低レベルにある。


★参考情報★
ーーーーーーー
中国がカナダ産牛と豚肉の輸入復活へ カナダ首相が表明
山東でカナダ人拘束 違法薬物使用の疑い
拘束カナダ人のスパイ疑惑報道 孟氏引き渡し審理に報復か