2019年12月10日炭ニュースサイトの中国青年報によると、四川省遂寧市公安局安居区分局(警察)は8日、同市安居区の鳳凰街道地区の住宅地で同日、住民2人が死亡、7人が体の不調を訴え病院に運ばれたと発表した。警察のこれまでの調べでは、9人が一酸化炭素に中毒した疑いがある。

 当局は、公式ミニブログで事故原因を詳細に発表していないが、「うわさや伝聞を信じず、ネット上に関連情報を流さない」よう住民に求めた。香港メディアの東網によると、一部からは政府が環境対策のため、住民に事実上使用を義務付ける「クリーン炭」が原因ではないかとの疑問の声が挙がっている。

 河北省唐山市では10月、政府推奨のクリーン炭を使った住民6人が一酸化炭素中毒で死亡し、数十人が病院で治療を受けた。死者には13歳の少女や高齢者が含まれている。

 ニュースサイトの人民網よると、専門家からはクリーン炭の品質に問題があるとの指摘も出ている。クリーン炭の多くは、包装に製造業者の表示が不十分で、安全な使用方法の説明もないという。



★参考情報★
ーーーーーーー
政府推奨のクリーン炭で6人が一酸炭素化中毒死 河北
鍋料理でCO中毒相次ぐ 江西と甘粛で15人病院搬送
食品工場で79人がCO中毒 ロースト食品から発生か 江西