2019年11月28日菅 香港メディアの東網によると、菅義偉官房長官は27日、記者会見で、50代の日本人男性が今年7月、湖南省で当局に拘束されことを確認したと述べた。(写真は東網のキャプチャー)

 外務省によると、男性は長沙市で交通機関を利用中、拘束された。容疑など具体的な原因は不明。駐中国の日本大使館員が面会するなどの支援を行うとともに、情報収集を進めている。

 男性の健康状態に問題はないが、現在も拘留が続いている。政府は、具体的な容疑の把握を急ぐとともに、早期の解放を求めている。

 中国では日本人の拘束が相次いでいる。政府は26日、広東省広州市中級人民法院(地裁)が、大手商社・伊藤忠商事勤務の40代男性に、国家の安全を害した罪で懲役3年の判決を言い渡したことを公表した。

 これまでに伊藤忠社員を含む日本人9人がスパイ行為などで起訴され、実刑判決を受けた。また、9月には、国家の機密を集めたとして北海道大学の教授を拘束し、その後釈放した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
伊藤忠勤務の男性に懲役3年 昨年2月に広州で拘束
拘束の北大教授、釈放され帰国 国家機密収集の疑いで取り調べ
北大教授、中国が拘束か 準公務員の拘束初めて