2019年11月7日飛黒竜江省・ハルビンから浙江省・寧波に向かっていた深セン航空ZH9765便のボーイング737-800型機で、5日午後6時10分に離陸後まもなく操縦席の窓ガラスに亀裂が入り、直ちにハルビン太平国際空港に引き返した。同便は午後7時10分ごろ無事着陸し、けが人はなかった。ニュースサイトの北青網が6日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 同便は機体を交換後、午後11時36分に再度離陸し、約2時間半で寧波に到着した。

 専門家によると、旅客機のガラスの亀裂はしばしば発生し、世界では1週間に1回起きている。ガラスは3層になっており、1枚に亀裂が入っても問題ないという。

 中国では18年5月、重慶発ラサ(チベット)行きの四川航空のエアバスA390型機「3U8633便」で、飛行中に操縦席前方の窓ガラスが脱落、副機長が機外に放出されそうになった。機長の懸命な操縦で危うく大事故を回避する事故が起きた。この際は、乗務員2人がけがした。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
旅客機の操縦席ガラスがひび割れる事故。首都航空機が出発空港に緊急着陸ー浙江
操縦席の窓ガラス脱落、機長の頑張りで大事故回避、乗員2人けが、乗客27人が不調訴え受診
海南航空機がバードストライク、出発地に引き返すー福建