2019年10月25日貨香港メディアの東網によると、英ロンドン東方のグレイズで、トラックのコンテナから39人の遺体が見つかった事件で、英国の警察は、全員が中国籍であることを確認した。現地のメディアは、密航との関連を指摘している。英国では2000年にもドーバー港で、コンテナから密入国とみられる中国人58人の遺体がみつかる事件が起きた。(写真は、東網のキャプチャー)

 中国のメディアは25日「悲劇について、英国が責任を負うべきだ。英国を含む欧州各国は、彼ら保護に努力を尽くしていないと」と指摘。密入国をあっせんする犯罪者を取り締まるよう求めた。

 中国メディアの環球網によると、39人は大人38人と子ども1人。警察がトラックの運転手を拘束して、取り調べている。英国駐在の中国大使館は、公式ウェブサイトで、現地に館員を派遣し、警察と連絡を取っているとした上、「英国の警察は、犠牲者が中国国籍であるとはまだ確認できないと述べた」と公表した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー