2019年10月10日火 安徽省亳州市渦陽県の警察によると、同県店集鎮の公立病院「店集鎮中心衛生院」で9日午前2時ごろ火災があり、消防が駆けつけて約1時間後に消し止めた。焼け跡から5人の遺体が見つかり、警察などが身元の特定を進めている。死者のうち4人は、病人の看病で泊まっていた家族との情報がある。ニュースサイトの安徽網が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 病院は3階建て。ベッド数は約70床。病院の2階から出火した。ニュースサイトの新京報によると、死者のうち4人は地元の30代の夫婦と子ども2人。妻の母が入院中で、4人は看病のため訪れた後、疲れのため病室内で寝ていた。

 出火後、妻の母は逃げて無事。夫も一時、病院外に逃げたが、妻子を助けに戻ったという。もう1人の死者は、入院中の患者とみられる。警察が死者の身元の特定と、出火原因の調査を進めている。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
プラスチック工場で火災、6人死亡ー江蘇
化学工場で爆発炎上、19人死亡 日用化学品を製造 浙江