2019年10月9日侮 中国のニュースサイト、観察者網によると、10月1日に北京で建国70周年を祝って行われた軍事パレードに絡み、参加将兵を侮辱する発言をネット上で行ったとして、江蘇省宿遷市の警察は6日までに、市内の男(38)を拘束し、7日間の行政勾留を科した。

 警察によると男は9月28日、SNS「微信」で、軍事パレードの訓練に参加した将兵の画像とともに、侮辱するメッセージを書き込んで友人に数回発信した。これらは「無駄話にすべき内容を真剣に語り、真剣に語るべきことを無駄話にする特別な国」、「文明国はロボットを軍人にし、ならず者国家は軍人をロボットに変える」などの内容だった。

 宿遷市の警察は、ネットユーザーから通報を受けて捜査を始め、男を特定。警察に呼んで取り調べを行った。男は罪を認めている。

 軍事パレードを巡っては、遼寧省鞍山市の男(37)と四川省南充市の男が、参加将兵を侮辱するメッセージを「微信」で配布し、「治安処罰法」と「ネット安全法」の違反容疑で行政勾留処分を受けた。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
「軍事パレード」からかう発言で男性2人拘束
軍事パレードで多数の最新兵器 米が迎撃不能の滑空弾も
国慶節軍事パレードに1.5万人 厳戒の北京に緊張感