2019年9月30日台風 中央気象台は30日、台風18号の影響で、同日から10月1日まで、浙江省東部、福建省北東部、四川盆地の北西部などで大雨が降るとの予報を発表した。一部では250~300ミリの豪雨となる見通し。また、浙江省の大部分では、強風が吹くとみられる。中国新聞網が30日伝えた。

 台風18号は30日夜、台湾北部に上陸した後、北に向かって進み、福建、浙江両省に接近する見通し。台風の影響で浙江省東部などで雨が強まるとみられる。同気象台はまた、寒気のため新疆ウイグル自治区北部では雪が降るとの予報を出した。

 封面新聞によると、交通運輸省は30日午前7時半、福建、浙江、上海、江蘇の各省の下部機関、海事部門、東シナ海担当の海難救助部門を結んでテレビ会議を開き、台風18号に備えて緊急態勢を発令した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
竜巻で作業員宿舎が倒壊 8人死亡2人けが 海南
遼寧・開源の都市部で竜巻 6人死亡、120人余り重軽傷