2019年9月25日兵中国国防省の呉嫌報道官は24日、記者会見で、建国70周年を祝って行われる10月1日の国慶節のパレードに、陸海空軍の兵士ら約1万5000人が参加すると発表した。戦車やミサイル約580台と約航空機160機も加わり過去最大規模となる。北京市内は既に厳戒体制が敷かれ、緊張感が漂っている。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。 (写真は東網のキャプチャー)

 北京市内の食品マーケットは全部23日から10月3日までの予定で閉鎖。パレードが行われる目貫通り長安街沿道では、マンションや商業ビルの賃借人は、パレード中に窓を開けないことや建物への出入りが禁じられている。天安門広場近くでは、公衆トイレに入るのに、身分証の提示が必要になっているという。

 北京の住民の1人は「西城区の娘の住居では、周囲の店が全部閉店した。第2環状道路以内は、郊外よりも人が少ない。外地出身者はみんな、帰省した」と話している。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
国慶節に向け北京で警備強化 ドローンと放鳥禁止
週末また国慶節パレードの演習 北京中心部で交通規制
北京で国慶節パレードの初演習 9万人参加、治安維持も強化