2019年9月19日車浙江省杭州市の住宅街「九堡家苑」の街路で18日午後3時ごろ、乗用車が暴走して電動バイクと三輪電動バイクに相次ぎ衝突した。三輪電動バイクを運転していた女性ら多数がけがし病院に運ばれた。当局が事故原因を調べている。ニュースサイトの環球網が同日伝えた。

 目撃者によると、乗用車は前から走ってきた電動バイクににぶつかった後、前を走る三輪電動バイクに追突した。両バイクの運転者が路上に投げ出されて、倒れていたという。

 病院には三輪電動バイクの女性ら少なくとも3人が運ばれたが、命に別状はない。女性は商品の靴を、現場近くの店に配達する途中だった。

 中国では車が暴走して、歩行者らをはねる事故が多発している。6月には四川省自貢市で、乗用車が電動三輪車に追突した弾みで歩道に乗り上げて歩行者をはね5人が死傷した。広東省広州市では5月、天河区林和中路と林楽路の交差点で、赤信号を無視した乗用車が歩行者と車2台に相次ぎぶつかり、13人が重軽傷を負った。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
乗用車が歩道暴走 1人死亡、4人けが 四川
飲酒運転車が歩道を暴走 歩行者ら2人死亡、3人けが 広西
乗用車が自転車レーン暴走 電動バイクの3人死亡、10人けが 江蘇