2019年9月18日雷 国家市場監督管理総局は17日、トヨタブランドの車約45万台に絡み、3件のリコール(回収・無償修理)の届け出があったと発表した。いずれも助手席に設置されたタカタ製のエアバッグに欠陥があった。ニュースサイトの澎湃新聞が伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 トヨタが出資する天津一汽豊田汽車が提出した計画書によると、リコールの対象は2003~08年に製造したヴィオス12万5825台と、2004~08年に製造したカローラEX31万3028台が対象。エアバッグが破損して乗員を傷つける恐れがある。

 また、豊田汽車(中国)が提出した計画書によると、05~10年に輸入したレクサスSC357台、06年~12年に輸入したレクサスISとIS-C計1万4807台も対象。エアバッグが破損するか、作動しない可能性がある。

 天津一汽豊田汽車、豊田汽車(中国)とも、対象車両のエアバッグをタカタ製以外の製品と無償交換する。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー
イケア、中国でも子ども用たんすリコール