2019年9月13日落 ニュースサイトの新京報によると、山西省太原市の複合ビル「山西太原茂業天地写字楼」前で9日午後5時24分ごろ、通行中の女性(25)が、ビルから落下した長さ2メートルの金属製の板に直撃され、まもなく死亡した。地元警察が、事故の原因を調べている。(写真は星島日報のキャプチャー)

 ビルを管理する不動産開発会社の「山西茂業置地房地開発有限公司」によると、落下したのはこのビルの北側の外壁に装飾として取り付けてあったアルミ製の板。この会社は、事故の責任を認めた上、管理するすべてのオフィスビル、ショッピングモール、マンションを一斉点検すると発表した。

 関係者によると、死亡した女性は、複合ビルの百貨店内の専門店で店長をしていた。防犯カメラの映像によると、女性は板の落下に気づいたが、身をかわす余裕がなく、両手で顔を覆ったものの直撃されて倒れた。

 香港紙・星島日報によると、このビルでは今年5月以降、高所からガラスや断熱材が落ちる事故が少なくとも4件発生。うち1件は、駐車中の車5台が壊れる被害が出た。

 中国では建物からの落下物で、通行人が死傷する事故が頻発している。8月末には、広東省仏山市順徳区の店舗前で、店主の男性が落ちてきたガラス窓に当たり、重傷を負った。。6月には広東省深セン市福田区で、20階から落ちたガラス片が通行中の母子に当たり、男児=当時(6)=が死亡した。 


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
ガラス窓が通行中の男性直撃 強風で落下か 広東
ビル外壁が落下し通行人直撃 男性1人が重体 四川
20階から落下の窓ガラス、男児直撃 3日後に死亡-深セン