2019年8月30日超 黒龍江省ハルビン市の商業施設「ハルビン華潤万象匯」地下1階のスーパーマーケット「哈爾信陽光農園超市」で27日午後5時40分ごろ、天井板がレジ付近に落下し、買い物客ら13人が重軽傷を負った。同店は18日に開業したばかりだった。ニュースサイトの上游新聞が伝えた。(写真は星島日報のキャプチャー)

 ハルビン市応急管理局などは、店内の吊り天井がしっかり取り付けられておらず、広い範囲で落ちたとみて、調査を始めた。けが人のうち重傷者は50歳前後の女性で、肩を骨折し病院で治療を受けている。 
 ニュースサイトの騰訊房産によると、華潤万象匯は、大手不動産開発会社の華潤置地がハルビン市で初めて手掛けた商業施設で、床面積は13万5000平方メートルに上る。

 「ハルビン華潤万象匯」はコメントを発表。謝罪するとともに、委託先の内装業者の施工に問題があったとする見方を示した。また、各テナントが安全検査を始めたことを明らかにした。

 スーパーは7月12日に内装工事を終え、「ハルビン華潤万象匯」の開業と当日に営業を始めた。業界関係者によると、スーパーのような大型店の工事は複雑で、専門業者の関与が必要という。

★参考情報★
ーーーーーー
暴風雨で雨よけの崩落 雨宿り中の4人死亡4人重軽傷-深セン