2019年8月27日水台風11号(バイルー)の影響を受け、中国各地で大雨が降る中、広東省東莞市石龍鎮のショッピングセンター「匯星商業中心」で25日、布製の膜天井が突然破れ、溜まっていた大量の雨水が建物内に一気に落ちた。3階の通路を歩いていた買い物客2人が水に押し倒されけがした。香港メディアの東網が26日伝えた。

 防犯カメラの映像によると、女性が3階の渡り廊下を通行中、大きなかたまりのような水が床に落ちた。女性は水の衝撃で数メートル吹き飛ばされ、ガラス製の渡り廊下のフェンスが壊れた。 


 ショッピングセンターは、天井膜を撤去作業を始めた。建物の設計会社は、天井膜が簡単にや破れないことを保証していたという。地元政府は、ショピングセンターの責任者から事情を聴いている。2人のけがは軽いというが、1人は頭を打ち重傷との情報もある。

 広東省深セン市では昨年、レストラン入り口前の雨よけが雨水の重みで崩落し、4人が死亡、4人が重軽傷を負う事故が起きた。


★参考情報★
ーーーーーーーーー
暴風雨で雨よけの崩落 雨宿り中の4人死亡4人重軽傷-深セン