2019年8月26日爆 江西省応急管理庁によると、同省鷹潭市内の貴渓市にある金属リサイクル業、江西君晟金属科技有限公司で23日午前10時09分ごろ、環境汚染防止用の除じん施設で爆発が、火の手が上がった。消防隊が急行し約2時間半後に鎮火したが、作業員1人が死亡、消防隊員4人を含む8人がやけどを負った。ニュースサイトの新京報が23日伝えた。 (写真は東網のキャプチャー) 

 東網によると、やけどした8人のうち1人は重体。貴渓市政府が負傷者の治療、事故調査、事後処理などの専門チームを複数立ち上げ、活動に着手した。出火原因を調査中だが、アルミニウム粉などが火元となった可能性がある。  

 2014年8月2日には、江蘇省昆山市の台湾系非鉄金属メーカー、昆山中栄金属製品有限公司でアルミニウム粉を原因とする爆発があり、146人が死亡、114人が負傷した。
★参考情報★
ーーーーーーーー
化学工場の倉庫が爆発炎上 周辺住民約400人が避難 広東
化学工場で爆発、従業員3人死傷 住民が一時避難 遼寧
江蘇昆山の工場で爆発、2人死亡3人けが