2019年8月22日四ニュースサイトの澎湃新聞などによると、水利省と四川省水利庁は21日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州の臥龍特別行政区にある龍潭水力発電所のダムが、決壊の恐れがあるとの見方を示した。同州で続く大雨でダムは満水状態だが、停電のため放水できない状態だという。香港メディアの東網によると、ダム周辺の住民3000人と、観光客1万1000人が避難した。

 臥龍特別行政区は20日から、大雨による水害や土砂災害が発生。21日には、ダムの上流約300メートルの地点で観光客ら96人が孤立し、8人が行方不明になり、2人が重傷を負った。四川省応急管理庁によると、21日午後10時までに、孤立した96人のうち20人がヘリコプターで救出された。 

 上海熱線によると、各地で大雨による水害と土砂災害が発生し、同州応急管理局は21日、8人が死亡、23人が行方不明となり、6人がけがしたと発表した。

★参考情報★
ーーーーーーーー
成昆鉄道脇で山崩れ 復旧工事中の13人行方不明 四川
山崩れで家屋19戸全壊 13人死亡、行方不明者も-湖北