2019年8月21日四 ニュースサイトの東方網によると、中国の多くの省・自治区で大雨が続く中、四川省アバ・チベット族チャン族自治州の応急管理局は、同州のブン(さんずいに文)川、理、茂、松潘の各県と臥龍特別行政区で20日に起きた土石流などの土砂災害で、消防隊員1人を含む7人が死亡、24人が行方不明になったほか6人が重軽傷を負ったと発表した。(写真は東網のキャプチャー)

 景勝地でもある同州を訪れていた観光客のうち、ブン川県では3万4000人が避難したほか、1万3200人が足止めとなった。臥龍特別行政区では1万2000人が避難を待っている。

 香港メディアの東網によると、ブン川県では高速道路と国道が各所で寸断。都ブン(都江堰-ブン川)高速道路は全面通行止めとなった。

 中国では今年夏、大雨による土砂災害が各所で発生。四川省凉山州甘洛県の成昆鉄道(四川省・成都-雲南省・昆明)で14日、線路脇の岩山が崩れた。先に起きた山崩れの復旧作業をしていた作業員24人のうち、13人が行方不明になっている。6日には湖北省十堰市で山崩れが起き、13人が死亡、多数が行方不明になった。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
成昆鉄道脇で山崩れ 復旧工事中の13人行方不明 四川
山崩れで家屋19戸全壊 13人死亡、行方不明者も-湖北
雲南で洪水や土砂災害 死亡不明17人、3.5万人が被災