2019年8月15日山四川省凉山州甘洛県の成昆鉄道(四川省・成都-雲南省・昆明)で14日午後零時44分ごろ線路脇の岩山が崩れた。先に起きた山崩れの復旧作業をしていた作業員24人のうち、13人が行方不明になっている。ニュースサイトの央視新聞が同日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 鉄道会社が地元の消防隊などと協力し、行方不明者の捜索活動を行っているが、現場では山の斜面の崩落が続いており、難航している。

 現場付近では7月以降、大雨による土砂災害がしばしば発生して鉄道が寸断。復旧作業が断続的に行われてきた。同鉄道の成都-四川省・西昌間は、列車の運休が続いている。

 今年の夏、中国の多くの省で、大雨による土砂災害が続発。6日には湖北省十堰市で山崩れが起き、13人が死亡、多数が行方不明になった。雲南省では7月末からの大雨で、8州市で洪水や土砂災害が起き、14人が死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
山崩れで家屋19戸全壊 13人死亡、行方不明者も-湖北
雲南で洪水や土砂災害 死亡不明17人、3.5万人が被災
黒竜江と四川で洪水の恐れ 堤防や貯水池に警戒呼びかけ