2019年8月12日利 台風9号(レキマー)は10日未明、浙江省に上陸後、強風と大雨を伴って北上を続け、11日午後8時50分ごろ、山東省青島市に再上陸した。応急管理省によると11日午後5時現在、浙江、上海、江蘇、安徽、山東、福建の6省・直轄市で651万人が被災し、145万6000人が避難、倒壊家屋は3500戸に上った。ニュースサイトの中国青年網が12日伝えた。  
 
 浙江省洪水防止・干ばつ対策指揮部によると、同省では11日午後1時半の時点で、台風9号による水害や土砂災害で32人が死亡、16人が行方不明になった。ニュースサイトの澎湃新聞網によると、同省臨海市では、男性1人が冠水した道路を車で移動中、水に漏れた電気に感電し死亡した。男性は市内の上場会社の幹部という。

 山東省応急管理庁は12日、台風9号による災害で5人が死亡、7人が行方不明になったと発表した。省内の被災者は166万人に上る。倒壊家屋は609戸。安徽省当局の11日の発表では、同省では1人が死亡、5万5000人が被災。家屋74戸が倒壊した。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
遼寧・開源の都市部で竜巻 6人死亡、120人余り重軽傷
江蘇・蘇州で6月末に竜巻の恐れ、気象局が予想