2019年7月23日長 河北省張家口市懐来県の化学工場、河北懐来県長城生物化学工程有限公司で22日午後4時30分ごろ、汚水の沈殿池で洗浄作業中に有毒ガスが発生し、作業員5人が死亡、4人がけがした。ニュースサイトの新京報が23日伝えた。(社シンは長城生物のサイトから)

 同社は1998年に発足し、食品添加物、医薬中間体、バイオ製品などを製造販売している。資本金はわずか140万元で、個人オーナーが経営支配している。事故後、操業を停止し、当局とともに事故原因を調べている。

 陝西省銅川市の下水処理場でも19日、汚水調整池で作業中の作業員4人が昏倒する事故が発生。消防隊が救出したが1人が死亡、3人がけがした。酸欠が原因とみられる。陝西省では昨年6月でも、咸陽市のバイオ農薬工場で、タンク内で微生物採取の作業に4人が酸欠で死亡した。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
下水処理場で作業員倒れる 1人死亡3人けが-陝西
石灰工場で建屋とタンク崩落 3人生き埋め、2人死亡 山西
生物農薬工場で作業員4人死亡 酸欠で1人昏倒 助けに入った3人も犠牲-陝西