2019年7月22日汚 陝西省銅川市の銅川市下水処理場で19日午後5時ごろ、汚水調整池で作業中の作業員4人が意識を失い倒れた。消防隊が急行して4人を救出したが1人が死亡、3人がけがした。ニュースサイトの環京津網が21日伝えた。(写真は東網のキャプチャー)

 下水処理場によると4人のうち1人は職員、3人は下請業者の従業員で、汚水調整池で汚泥をすくい取る作業をしていた。酸欠で倒れたとみられる。

 汚水調整池は地下構造物。地上の入り口は狭く、消防隊員が調整池内に入って1人ずつ吊り上げた。消防隊員は、地下に酸素を送りながら救出作業を続けた。4人のうち2人は意識がなく、優先して助け出した。

 陝西省では昨年6月、咸陽市の生物農薬工場で、タンク内で微生物採取の作業中、作業員1人が酸欠で気を失って倒れ、助けに向かった他の3人も相次いで昏倒する事故が起きた。4人はその後死亡した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーー
石灰工場で建屋とタンク崩落 3人生き埋め、2人死亡 山西
生物農薬工場で作業員4人死亡 酸欠で1人昏倒 助けに入った3人も犠牲-陝西
建設現場のエレベーターが落下 11人死亡2人重傷 河北