2019年7月22日香 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、香港民間人権陣線など民主派団体は21日、中環(セントラル)など香港島中心部で大規模なデモを行った。参加者は主催者発表で43万人、警察発表で13万人だった。(写真は東網のキャプチャー)

 デモ参加者は、銅鑼湾(コーズウェイベイ)を出発し、湾仔(ワンチャイ)の警察本部近くまで行進した。一部は、デモの終点近くにある中国政府の出先機関「中央政府駐香港連絡弁公室(中聯弁)」を包囲し、庁舎に掛かる中国の国章に黒色の塗料を投げつけるなどした。




2019年7月22日元 香港メディアの東網によると、香港・新界の香港鉄路の元朗駅構内で21日午後9時ごろ、白色のシャツを着た一群が、黒色の衣服を着たデモ参加者を棍棒などで襲撃。デモ参加者側もやり返し、双方の45人が重軽傷を負った。警察は傷害事件として捜査を始めた。(写真は星島日報のキャプチャー)

 デモの軸は、犯罪容疑者の中国移送を可能にする「逃亡犯条例」への反対から、香港政府批判に移った。参加者は、6月に起きた大規模デモを、警察が暴動と定義したことに抗議。撤回とともに、裁判官を主体とする独立調査委員会の結成を求めた。さらに、行政長官と立法会議員全員の直接選挙も要求した。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
香港デモ隊と警官隊が衝突 28人けが、47人拘束
逃亡犯条例は死んだ 香港長官表明も民衆反発
香港デモ巡り英中の応酬激化 英外務省が中国大使批判