2019年7月19日火 広東省深セン市羅湖区の高層マンション「港逸豪庭」B棟43階で18日午後4時半ごろ火災があり、住民とみられる男性1人が転落して死亡した。火災はガス爆発が原因とみられる。警察は出火と男性が転落した原因を調べている。香港メディアの東網が伝えた。(写真は百度のキャプチャー)

 消防の誘導で、棟内の住民が一時避難した。出火した部屋はマンションの最上階。ガスコンロ火元とみられるという。 

 中国では高層マンションで、ガス爆発が原因の火災がしばしば起きている。5月には黒竜江省ハルビン市の高層マンションの16階で住民2人が死亡。昨年1月には遼寧省錦州市で5人が死傷した。1昨年9月には上海市浦東新区で5人がけがした。